--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.25
Mon



平日の昼間っから、ビールを飲みつつ映画鑑賞しております(。・ω・。)
なんと、優雅なんでしょうねw




今日借りてきたのは、
○小野寺の弟、小野寺の姉
○31年目の夫婦げんか

小野寺~はずっと見たかったので。
西田征史さんの映画だったのでかなり期待しましたが、いい意味で期待通りでしたね。
わかりやすい感動のさせ方や、ちょっと変わった人の日常っていう感じに、ちょっとラーメンズ臭がしました。


31年目~は拝見してるブロガーさんがおすすめされていたので気になっちゃってw
こちらも見終わったら自分の備忘録に書いておこうと思います。

映画(というかDVD)鑑賞、実家にいたときは好きでよくしていたんですよね。
今ではあまりしなくなってしまいましたが、久しぶりにみるとやっぱり映画っていいですね。
夫が観る映画私は好きなんですけど、私が好きな映画は夫はあんまり好きじゃなさそうでw
恋愛映画とか邦画とか見ないんですよねー。
観て欲しいけど、もやもやした心模様が嫌いみたいで、一緒に観られないんですよねw







姉弟愛ですね。こういうのに弱くって。。
家族愛とかに弱い人にはもってこいの映画ですね。
私はがっつり泣きましたww


兄弟いる人はちょっとあるあるで笑ってしまうかも。
小野寺姉弟は仲良すぎですけどねww

それがまた微笑ましいというか。
片桐はいりさんが演じたお姉さんは、妹気質の強い私からするとすごく好きなタイプ。
お姉ちゃーん!!って感じw世話好きで盛り上げ上手で、おせっかいw
でも、自分の弱さはあまり見せないのかもね。我慢しちゃうタイプ。
本当にお姉ちゃんって感じのお姉ちゃんです。

向井理さん演じる小野寺弟も、姉思いで、過去の恋愛引きずってたりしてかわいいやつだなと。。
私が買ったメガネみたいなのかけてるのに様になってて、向井理ってすげえなと思いましたけどw


↓以下ネタバレあり






ミッチー女見る目なさすぎる!!
明らかに媚売ってるブティックの若いだけが取り柄みたいな女に心奪われてるなんて。
その話を聞いた時点で私ならスーっと冷めそう。「こいつアホな男だわ」って。
でも、あんなふうにできる女こそ、女なんだよなあ。


ただこれが言いたかっただけ。感想というか、ただ文句というかw
女性慣れしてない男性役だったので、あぁいう女に引っかかるんでしょうね。
最近も実生活でそんな話を聞いてしまったしw

おしとやかな本当の意味での優しい女がモテるなんてないですよw
自分からガンガン可愛げだして攻めていかないと男は落ない。うんw



舞台化もされてますが、それは映画の後日談(だったはず)
小説は映画化された内容みたいですね。


舞台版も結構気になります。
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://maple17m.blog.fc2.com/tb.php/986-d01d04e2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。